砂糖断ちで顔が変わる 小顔効果の体験談 やはり甘いものは顔が太る!

02.012019

 

砂糖断ちを2014年夏から継続中の
ズボラおばちゃんです^^

 

 

実体験から ここの砂糖断ちブログでは
何度か伝えていますが、

 

砂糖の顔への影響って大きいです。

 

 

 

さらに、顔への影響って とてもスピーディと感じています。

 

 

顔アトピーがすごかったので、敏感に分かりました。

 

 

今回のブログでは、
砂糖断ちで顔のどこがどんな風に変わったのか?を

 

 

砂糖断ちを続けている今、甘いものを食べると
顔にどんな影響が出るのか?の体験談を書いていきますね。

 

 

 

砂糖断ちで顔が変わるブログレポート

 

砂糖断ちを2014年の夏からはじめて
5年以上続けています。

 

 

最近 甘いもの断ちについてネット検索する機会があって、

検索結果を見ていたら、砂糖顔という言葉があるんですね。

 

 

甘いものを過食し続けていると
こういう顔(砂糖顔)になりやすいというものでした。

 

 

他にも乳製品顔などもありました。

 

この砂糖顔に当てはまっているかどうかは、
わからなかったのですが、、、

 

確かに 甘い食べ物の影響って
すぐに顔に出る、と実感しています。

 

 

 

アトピー体質の私は、
顔にも かなり激しくアトピーが出ていたから

 

 

砂糖断ちをスタートして、
顔が変わるというのは、よくわかるんです。

 

 

※顔アトピー症状(つまり顔の肌の状態)の変化も体感しましたが、
話が広がりすぎるので、また別ブログでお話します。

 

 

今回のブログでは、肌以外の顔の変化について

 

砂糖断ちをやってみて、
どう変わったか?について。

 

 

また、砂糖断ちで顔が変わる事について、

 

 

まず、甘いものの影響がすぐに顔に出る、
という体験から話します。

 

 

甘いお菓子を食べると、
どんな風に 顔に影響が出るのか?です。

 

 

これって どんな感じなのか?というと、

 

 

私の場合は、

 

甘いお菓子食べると すぐに
「顔に反応が出やすい」です。

 

 

抽象的な表現ですが、

 

甘いものを食べる

甘い物の毒って、顔にたまりやすいのでは?と感じています。

 

 

それくらい 顔の範囲に
反応が集中します。

 

 

例えば、甘いものを食べるとすぐに

顔がカーっと熱く熱感が出て、

 

顔がほてりやすい

(おばちゃんですが、更年期の症状ではないと思う)

 

 

この顔ほてりの延長なのか?
顔に熱がこもる感じがする

 

 

そして、顔に汗をかきやすくなる

 

 

さらに、顔がかゆくなることがある。

 

 

他 鼻水が出る、頭痛が出る。

 

(前にもここの砂糖断ちブログのどこかに書いた記憶)

 

 

 

微妙な体調の変化(例、生理前や生理中など)や
食べた甘い物の種類によっても若干 影響が違います。

 

一言で言えば、やっぱり

 

甘い食べ物の影響は 顔にたまる

 

 

 

顔にたまるというのは、

うまく排出されず、むくむ感覚です。

 

 

ちなみに 私は むくみやすい水毒体質です。

 

水毒体質は、アトピーの方に多いらしいですね。

 

 

顔の輪郭が むくんで
フェイスラインが一回り腫れる感じです。

 

 

当日は 何となく
フェイスラインの輪郭がぼんやりしてきたかも?

 

と感じるくらいで、

 

砂糖の 顔への悪影響を 明確に感じるのは翌日なのです。

 

 

翌日の 朝起きて鏡見た時に はっきり自覚します。

 

 

顔がひとまわりむくんで大きくなってる!

まぶた(目)も 腫れぼったくなってる!

ついでに ニキビ発生! と(涙)

 

 

ただ、ここまで はっきり違いを感じるのは、

 

普段 砂糖断ちをしているからかもしれません。

 

 

普段から毎日 甘いものを食べていた時は、

 

正直 このように 甘い物食べた時と 食べなかった時の違いを
感じにくかったのかも、と思っています。

 

 

 

砂糖断ちで小顔効果を実感した体験談

 

 

先に書いた 砂糖を食べて顔がどう変わるのか?の体験から

砂糖断ちを続けると 顔がどう変わるか?の
予測がつくと思います^^

 

 

そう、小顔になるんです。

 

 

 

実際に 顔のサイズを測ったわけじゃないんですけど、

顔のラインがスッキリします。

 

 

少し 引き締まる感じですね。

 

 

個人的に小顔効果が わかりやすかった部位は、
耳の下から顎にかけてのフェイスラインです。

 

 

ほっぺたの肉の厚みが減って 薄くなりました。

 

 

あと 目の上のまぶたの肉も少し薄くなった感じです。

 

 

これは、もしかしたら 加齢の影響がありそうです(私の場合ね)

 

 

ただ 砂糖断ちの体験談を読んでみると

目が大きくなったという声も見るので、

まぶたの肉のむくみが取れたのかも?しれませんね。

 

 

 

砂糖断ちによる小顔効果を感じるまでの期間は、
1週間もかからなかったです。

 

 

もともと、
砂糖断ちのきっかけがアトピー悪化対策だったので、

 

 

顔の肌の状態ばかり観察していたので、
顔の輪郭とか 小顔効果にまで 興味を持てなかったのです。

 

 

というか、小顔レベルまで
じっくり観察している精神的 肉体的余裕がありませんでした。

 

 

顔アトピーが真っ赤で
ジュクジュクでえらいことになっていて

 

つらくて落ち込んでいて、鏡すら見たくない、、状態だったのでね。。。

 

 

 

あ、念のために言っておくと、

 

甘い物の代わりに やたらと歯ごたえの強い食べ物を食べて

咀嚼回数が増え 顎が鍛えられたというわけではありません。

 

 

 

甘いものは顔が太る恐怖がついてくる?!

 

 

この砂糖断ちビフォーアフターの
砂糖の顔への影響の実体験で

 

 

身にしみるほどよく分かったのは、

甘いものは顔が太る、丸くなるって事です(涙)

 

 

今でこそ 砂糖断ちを続けているので、

 

 

 

たまに 甘いお菓子を頂いても、

 

 

翌日 顔むくんでる! 顔まるい!と焦りますが、

むくみは定着しにくいです。

 

 

鏡で自分の顔をみて これではいかん!と焦って、
翌日も甘いものを食べ続けないようにするからです。

 

 

だけど 甘いものを習慣的に毎日食べ続けていた時は、

 

 

顔太り 顔むくみを繰り返していて、

むくんだ状態が定着していたのでしょう(怖)

 

 

そして 特に フェイスラインの顎周りのむくみは、
たるみにつながっていたのだろうなぁと思います。

 

 

と言っても、今 まったく たるんでいない訳じゃないです。

 

 

フェイスラインや 顎周りのむくみたるみは、

 

やはり老け顔の印象につながるので、

気を引き締めなければ!と思っています。

 

 

 

まぁ、最近は、時々 甘いものを頂く際に、

 

 

こんな風に 甘いものを食べた翌朝の
顔への影響がけっこうキツイ!と感じるので、

 

 

翌日の予定を考えてから 甘いものを堪能するようにしています。

 

 

 

もしも、昔の私のように

甘いお菓子など砂糖をたくさん食べることが習慣化しているなら、

 

 

砂糖断ちで 顔やせの可能性が広がるかもしれませんね^^

 

 

別の言い方をすれば、

 

甘いもの断ち、砂糖断ちでの ダイエット効果って
顔がわかりやすいのかも? と言うことです。

 

 

 

砂糖断ちで顔が変わる体験談のまとめ 最後に

 

あくまで 私の場合の ひとつの体験事例ですが、

 

 

顔まわりのむくみや まぶたのむくみ 腫れ、

 

朝起きた時のむくみ

フェイスラインの輪郭がぼやけてきたと感じる場合、

 

砂糖の顔への影響を考えると、

砂糖断ちがお悩み解消につながるかもしれませんね。

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

砂糖断ちの顔への影響は、

顔や顎周りの小顔効果だけでなく、顔の肌に対しても

 

リアルに体感したことがあるので、

また機会をみて ブログに書いていくつもりです^^

 

 

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。