おへそ ただれる めんげん?続いてます

07.292015

この記事は2分で読めます

アトピー体質改善のために 2011年秋からはじめた

冷えとり健康法。

 

 

冷えとりはじめたことによる毒出しのことを
めんげんと言います。

 

 

もともとアトピーあった私の場合

好転反応は やはり 肌を通して出ることが多いです。

 

 

細かく言えば

アトピーの悪化の時の肌の状態とめんげんは少し違います。

 

 

一見同じように肌の症状として出ても

 

 

めんげんの場合は

ヒリヒリと ひり付き 痛みが少しあります。

 

 

 

同じように感じる方いらっしゃいますか?

 

 

あ、そもそも アトピー対策として
冷えとりされている方が少ないかも?

 

 

 

それで この 冷えとりめんげんらしき肌の状態は
 

 
この ひりひりの後、
ただれて 草にまけた(かぶれた)後みたいな瘡蓋になります。

 

 

一言でいうと かぶれに近い状態なんです。

 

 

ただれ状→ 草かぶれみたいな瘡蓋です。

 

 

なんせ ただれ感が キーワードなんです(涙)

 

 

 

おへそ周りに ただれるめんげん多発中

 

 

 

何でこんなに しつこく書いているのかというと
この 冷えとりめんげんの肌の状態が
 

 
この梅雨→夏にかけて 多発してるからです。

 

 

ヒリヒリ痛いです。

 

 

冷えとりはじめて もうすぐ丸5年ですが
こんなにヒリヒリが多発するのは 今年がはじめてです。

 

 

一番 多い部位は おへそ周り。

 

 

シルク下着の効果と思うのですが

 

 

すぐに乾燥して 瘡蓋になり 治るので
そんなに不快じゃないのですが。。。

 

 

おヘソの上下左右 ただれを繰り返しています(笑)

 

 

あと 右腕のひじから先と

両足の太ももとふくらはぎ すね。

 

 

広範囲で ひりひりするし 痒いし(爆)

 

 

謎めいた症状です。

 

 

去年 夏から 砂糖断ちをしているので
その影響がより出てきたからか?

 

 

この夏は 例年より大量に汗をかくように対策してるからか?

 

 

よくわかりませんが、
からだにとって必要なプロセスなのだと思います。

 

 

ちなみに めんげんは出ていますが

 

 

この夏は 夏バテせず
自然に早寝早起きでサマータイム制になってますし

 

 

体力あって 元気です。

 

 

冷えが ずいぶん改善したからでしょうね♪

 

関連記事

めんげん 排毒 好転反応こえて
アトピーから美肌再生しました^^


他のアトピーブロガーさん記事もご参照ください^^


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アーカイブ