アトピー食事制限効果アリ! だけど 続けられなかった原因は?

03.172017

この記事は3分で読めます

アトピー体質改善を通して

2011年から アトピーの方に向けて通販をしています、そらです。

 

 
子供の時から虚弱体質でアトピー体質だったのもあり、
体質改善ってどうすればいいのかな?と、ずっと気になっていました。

 

 
だけど、体質改善といえば、
 

 
幼少時の かなりストイックな食事制限のトラウマが強くて
見ないふりをしていました。

 

 
アトピーが悪化した時に 重い腰を上げて食事療法を試したことがあります。
(断食や1日2食などの西式甲田式療法など)

 

 
短期集中型の食事療法で、
改善したら 体質改善の続行を中止していました。

 

 

私の中で 体質改善=食事制限(耐えないといけない本当に嫌なもの)
という捉え方だったから 食事療法続けるなんて ありえない!だったのです。

 

 

 
そもそも アトピーそのものが ストレスの塊で
我慢だらけのストレスの最中って
 

 
1番身近で 手軽にストレス解消出来るものって 食べ物 一択でした。

 
(特に女性は 食べ物に走りやすいのかも)

 

 
こういうストレス解消食いにピッタリな食べ物って
 

 
まさにアトピー肌や身体に悪いものばかりだったので、、

さらにアトピーの悪循環ループ突入。。。

 

 

 

あぁ、ダメだなぁ そりゃ悪化するだろうなぁ、
でもやっぱり やめられない とまらない わかっちゃいるけど、、という感じ。

 

 
ま、こんな風に だましだましを繰り返していたので
2009年にアトピー大悪化して 大爆発して全身ゾンビみたいに滲出液まみれ

 

 
崖っぷち状態になって 今を逃すと いよいよヤバイと

いよいよ本格的に アトピーの体質改善と向き合わねば、と模索しはじめました。

 

 

 

アトピー冷え改善での意外な効果って?

 

 
その後 色んな出会いがあり、
 

 
アトピーなどの体調不良の原因は「冷え」である という
 

 
冷えとりとのご縁が ターニングポイントでした(今思えば)

 

 

 

冷えとり健康法を知った当時は 冷え= 低体温だと捉えていたし

 

 
中でも 滲出液の汁まみれの時期は寒くて震えが止まらなかったので

冷え性の自覚もありました。

 

 
だけど 冷えとり健康法を続けていく中で

 

 

冷え取りでいう 冷えとは 単に 温度が低い 冷え だけを指しているのではなく、

 

 

滞り」 とか 「毒」という
さらに深くて広いものなのだ、、、と捉え方が変わりました。

 

 

 
つまり 万物は循環していて(身体も)
 

 
この循環を妨げる 冷え(=滞り)を 取り続けていくという意味の

冷えとり なのだなぁと。

 

 

 

こんな風に アトピー体質改善= ストイックな仙人のような食事制限= つらい しんどい
 

 
という捉え方だったのが

 

 


アトピー体質改善= 冷え取り 冷え対策 循環力をあげていく
 

 
と 焦点の矛先が 変わり 向き合いやすくなったのです。

 

 

 

 

体質改善のためには まず1番に トラウマの食事制限しなければ!から

 

 

苦手な食事制限を後回しにして(とりあえず横に置き)

気軽に取り組みやすい 冷え対策からはじめてみたらいいか^^

 

 

と ガチガチの思考がゆるんだって事です^^

 

 

 
体質改善といえば 食べ物とか 食べる時だけ 意識していたけど

 

 

 

冷えとりを続けていく事で

 

体質改善って もっと 生活に密着したもので、
 

 
日常の過ごし方 日常習慣がそのまま体質改善につながるって事だ
と考えるようになりました。

 

 

 

この 体質改善に対する捉え方の変化を もたらした

冷えとりは結果的に 私にとって修行でしたが(好転反応の激しさもあり、、)

 

 



身体に対してだけでなく 人生が変わる出会いになったのです。

 

 

長くなるので 別ブログ記事で 続きを綴っていきます。ちょっとマニアックな内容かもしれません。

 

●続き→ アトピー食事療法効果を捨てたら 見えてきたもの
 

 

関連記事

めんげん 排毒 好転反応こえて
アトピーから美肌再生しました^^


他のアトピーブロガーさん記事もご参照ください^^


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アーカイブ