アトピー 急に悪化!?準備しておく対策 メンタル編

04.242017

この記事は7分で読めます

アトピーって 急に悪化して
坂を転げるように症状が激しくなっていくのに

 

 

良くなっていく時は 本当にゆっくりだなぁ、、、と

いつも思っていました。

 

 
特に 大人 アトピーだと 顔に出やすいから焦りますよね。。。

 

 
急激な悪化は アトピー悪化の部分がずっと気になりますし、
そこばかりチェックしてしまいます。

 

 
急にアトピー悪化した時は
 

 
ものすごく視野が狭くなってしまいがち。。。

 

 
前のブログで言う
蟻の視点(目の前の目先のこと)に偏りすぎている状態です。

 

 
これはもう、悪化中の最中は
ある程度は仕方のない事なのですが、

 

 

 

蟻の視点への偏りをフラットにすれば ストレス緩和されます。

 

 

 
では、どうやって?

 

 

 



鳥の視点(抽象度の高い視点)を取り入れることによってです。
 

 
細かく言えば

 



災害時に備えて準備する 非常持ち出し袋のように

 

 

 

普段から 急な悪化時に備えて準備をしておく感じです。
 

 
***

 

 

急に 蟻や鳥の視点の話で 失礼ました。
 

 
蟻や鳥の視点は 1つ前のブログからの続きです。

 

 

 
※ 今回のブログ内容は 蟻や鳥の話のように
過去ブログからの引用があるので、

 

 

先に 前のブログ→「アトピー好転反応期間をスピーディに経過させるには?」
 

 
に目を通してから 読み進めてください。

 

 

 

そうでないと 今回のブログ記事の
全体像がつかみにくいと思います。

 

 

 

ちなみに 1つ前のブログでは、
 

 
多くの「アトピーに効く○○」という方法論から
自分にあった方法を取捨選択するのか?を書いています。

 

 
————
 

 
●では、今回の ブログ本文は ここからです。

 

 

1つ前のブログで書いた抽象度の上下の話を踏まえると

 

 

アトピー体質改善を考える時に
 

 
なぜ エネルギーの視点から考える必要があるのか?

 

 
の答えが見えてきます。

 

 

 

●上位概念のイメージ図
※この部分にエネルギーより さらに上位の概念が入ります/   \ \
【エネルギー】(下位の各項目に共通する概念、考え) A  B  ←抽象度【高】

 

/   /   /   /   \    \  \  \   \
物理eg 有形eg 無形eg 身体eg 人間関係eg 活動eg 位置eg 感情eg ?(増える可能性有) ←抽象度【低】

 

 

eg=エネルギー

さらに、これらのエネルギーは互いに「連動」します。

 

 

 

 

↑この図についての詳しい説明は →コチラ

 

 

 

そもそも
エネルギーの視点とは 鳥の視点=とても抽象度の高い視点です。

 

 

 

前のリンク先の例で言うと
 

 
上下軸は ひたすら「循環の促進」です。

 

 
それを 各 エネルギーレベルの段階に下げます
 

 
(抽象度を具体的な方法論に下げる)上記の図でいう8種類の具体的なエネルギーの内訳。

 

 

 
すると 身体カテゴリーだけでも
多くの方法論を見つけることが出来ます(冷えとり以外でも)

 

 
方法論が多いということは 選択肢が多い という事です。

 

 

 
より多くの選択肢の中から 効果的な方法を試すことが出来れば

改善効果が高くなります。

 

 
ということは、

 

 

多くの選択肢を持つためには

 

 

具体的な細かい方法論だけの視点ではなく
ある程度 抽象度の高い「方向性」を持つのが重要って事です。

 

 

 
細かい方法論に固執しすぎると
 

 
それが上手く行かなかったら終わりだ!と
自暴自棄 無気力サイクルに入って しんどくなるので。。。

 

 

 

あの方法がダメでも、この方法がある!

 

 

方法論(対策)のストックがたくさんある方が
 

 
精神的にも 自分を追い詰めすきず 楽ですよね。

 

 
「私はこれ(方法論)で アトピー改善しよう」ではなく

 

 
「アトピー改善のために(大まかな)こういう方向性で

方向性にマッチしているなら 出来るだけ何でもやってみよう!」

 

 

という感じです。

 

 

 
要は ざっくりの方向性の設定でOK
その中から やれることから色々やってみよう です。

 

 

 

アトピー ストレス緩和以外のメリットは?

 

 

 

抽象度の高い 方向性設定 の良さは
こういうゆるさ加減に 加えて もう一つあります。

 

 

 



それは 抽象度の高い 方向性設定であればあるほど

 

 

普遍的な 「原理原則」に近づいていくので
 

 
★だれでも 対象が何であっても(何に対しても)活用出来る という事。

 

 

↑この話を広げすぎると キリがなくなるので
アトピー体質改善の例に(抽象度を低く下げて)以下に 書きます。

 

 

 

アトピー症状は 個人差がとても大きく

 

 
肌の状態ひとつとっても

滲出液から乾燥ウロコ 赤みなど 多種類です。

 

 

 

過去の上手くいった方法論を見ていくと

 

 

肌が赤い時には こういうノウハウが効果あった という風に
肌の状態別に マッチするものがあります。
 

 

 
だけど 身体の状態は その都度違うため
 

 
前に上手くいった方法が 上手くいかない場面がしょっちゅう出てきます。

 

 

 


肌の状態別に細かく 自分なりに追究していくのも
好きならアリですが 正直面倒くさいです。

 

 

 
さらに 上記のような細かいノウハウを試して実験って
とってもエネルギーを使います(浪費して消耗してしまう感じ)

 

 

 
常に あれして これして 今度はこの対策してって
頭の中でグルグル考えている訳ですから、、

 

 
こんな事にエネルギーを大量に使ってられない!
と思うのが現実的かと思います。

 

 

 

で、こういう面倒くさいことは
大抵 継続出来ず 定着しにくいのです。

 

 

 

抽象度の高い方向性って シンプルです。
 

 
(真理に近づいてゆき 終わりがない世界になります)

 

 

全ての方法論を融合して 共通項を抽出したものだからです。
(その分 このシンプルな一言に多くの情報が凝縮されています)

 

 

 

「ココさえ 押さえていればOK」 という風に
シンプルだからこそ ムダにエネルギー浪費しません。

 

 

 
さらに 抽象度の高い方向性ならば 普遍的なので

 

 

どんな状態のアトピーでも

 

 

体質改善の方向へ
現状より1ミリでも前進することにつながります。

 

 

 
また 抽象度の高い方向性であるほど、
 

 
どんな状態で だれにでも活用できる法則に近づきます。

 

 

 

そのため、

アトピーが改善し 健康状態が マイナスがゼロになった段階でも

 

 

さらにプラスを目指す→例えば健康増進のために 

 

 

というように活用できます。

 

 

 

何事においても 100%全員が上手くいく方法(成功法則)は
ありえませんが、

 

 
原理原則に近いほど
最大公約数的に 上手くいく確率は上がるのではないでしょうか。

 

 

 

アトピーの体質改善の時に
何がしんどいか?というと

 

 
前進していない感覚が ずっと続いている時です。

 

 

 
アトピーが慢性化して 低め安定で 暗いトンネルの中で
 

 
出口の光が見えない時は 本当にしんどいです。
 

 
 
だからこそ 突破口を見出すために
何か 行動(アトピー体質改善の対策)をせずにはいられなくなります。

 

 

 

 

なぜ 抽象度の高いエネルギー視点から考える必要があるのか?



 
に対しての 自分なりの答えのまとめは 以下です。

 

 

 

★抽象度の高い低いを上下することで、
軸(方向性)が見つかるため あわない方法論のムダ打ちを回避できる。
 

 
→ 時間 労力 お金を節約できる

 
★軸(方向性)に沿った 対策から
多くの選択肢を見つけることで 心理的負担をやわらげる

 

 

★普遍的な法則のため どんな状態のアトピーに対しても活用できる

 

 
★さらに どんな状態のアトピーでも、
今より1歩 前進出来る→現状打破につながる
 

 
 

 
ただ、
アトピーや好転反応真っ最中の段階で
 

 
自分ひとりの力で 自分なりの原理原則を導く事は 難しいです。

 

 

 

年月をかけて ある程度 経過して
 

 
その状態を抜けてみないと
全体像が見えない(俯瞰できない)からです。

 

 

 

なので 私は 冷えとり健康法という先人の知恵の法則を
実際に自分の身体で 2011年から 実践してみました。

 

 
いわば 冷えとりの法則に 乗っかってみたワケです。

 

 

その上で、冷えとりは「循環促進」の事を言っているのかな?と
体感し(体感と言うか めんげんで痛感させられたという感じ)
 

 
実生活で 循環法則を活用しています。

 

 

 

普遍的な法則って 日常生活そのものの中にあるもの。。。

 

 
私達の周りは エネルギーという循環しているものばかりだから、、、
 

 
いかに 日常生活中で使えてなんぼ!ですよね。

 

 

 
もちろん 良いこと 楽しいことばかりではなく、

 

 

循環促進= 毒出し的な物事も活性化 なので

 

 

身体以外のめんげんも促進されて

嫌なこと 痛い目にもあっていますが。。。

 

 

 
それでも、こうやって エネルギーの循環法則を 意識して

毎日 活用していたら

 

 

どんどん循環につながる出会いや 知識、勉強する機会が増え
 

 
そこでまた 実生活に活きる具体的な法則に出会ったり。。。

 

 

 

ほんの1ミリずつかもしれませんが 前進している実感は どうにか、あります。

 

 
まぁ、もがいて、あがいている事のほうが多いのですけど(汗)

 

 
これらの法則は また このブログでも書いていきます。

 

 

関連記事

めんげん 排毒 好転反応こえて
アトピーから美肌再生しました^^


他のアトピーブロガーさん記事もご参照ください^^


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アーカイブ