アトピー 顔の赤みをとる方法

10.222017

この記事は5分で読めます

定期的に整体で身体の状態把握とメンテナンスを受けるようになってからの方が

より 感覚が繊細になってきて、敏感に反応が出るようになってきたようです。

 
元々 アトピー体質で 幼少時から空気に敏感だった方ですが(汗)

 

 

(あ、アトピーじゃなくても 刺激に敏感な方はいらっしゃいますよね)
で。私の場合、首から上の皮膚感覚が さらに敏感になってきたようです。

 

 

要は 早い話、顔アトピーが出やすくなったように思います。

 

 

って ちょっと不便なんですけど、、、
その分 顔アトピーが出たとしても引くのも速くなってます。

 
苦手な環境など ストレスの結果が すぐに顔のムズムズに現れるという(汗)
なんというか 身体を循環しているエネルギー感度に敏感になってきたのかも。

 

 

特に顔がわかりやすいし過敏に反応するのでしょうね。

 

 

まぁ これも体質改善のプロセス(毒出し?)の一環
身体にとっては最善の選択なのでしょう。

 
整骨院に通うようになったきっかけが
そもそも首の激痛でしたからね(元々 アトピーの体質改善きっかけじゃなかったのです)

 
※このブログ記事は、体質改善や体調のメンテナンス 身体の把握のために通っている
整骨院での施術レポート(忘備録)です。

 

 

(この3月アトピーではなく動かせない首の痛みきっかけに通いはじめました)

 

 

※今回、整骨院にて施術を受けたのは 10月3日で
3月中旬から通い始めて、12回めです。

 

 

ちなみに 前回の整体院レポートは→「アトピーで顔だけ治らない時の駆け込み対策」

 

 

整体施術の先生のおかげで、自己判断だけではなく、

 

 

プロのアドバイスを聞くことが出来て、
客観的に自分の体調を把握出来るのが 本当にありがたいです。

 
結局 自己判断だけだと、
色々 遠回りで効率が悪いなぁと(今となっては)感じるので。。。

 
自分自身の体験や、アトピーのお客様からの話から(→アトピーの方向けのショップを運営中@2011年)
アトピーの方にあてはまりやすい傾向はもちろんあると感じますが、

 

 

整体では、個別に 私の場合の状態をきけますしね。

 
やはり 特に 大人のアトピーの場合 体質や原因が複数あるし

それまで食べてきたもの 使った薬など ライフスタイルが多様化しているため、

ひとりひとり かなり要因には差があると思います。

 
感覚ですが だいたい50-60%位は
自分とタイプが似たアトピーの方の対策は参考になるけど そこから先は個別化の世界だと。

 
話を戻して。

アトピー 顔の赤みを消すには?

 

 

 

なので このブログ記事の顔アトピーの赤み対策も あくまで個人的な私の体験談なのですが。。。

 

 

そして 結論を先に言うと、生活習慣の延長での対策で、
即効性がある対策ではありません。

※ちなみに 速効性を求めるなら 薬や 赤み隠しという意味では
メイクが出来る状態ならば ファンデーションやコンシーラーでの対策が浮かびます。

 
それで、整体施術で私の身体を見てもらってのアドバイスを参考にすると、

 

 

顎へのアプローチが 顔アトピーの赤み対策にベストのようです。

 

 

これは現在の状態からという意味で、今後変わってくるかもしれません。

 
通っている 整体院は 何とか循環療法という方法で、
大前提として 気(エネルギー?)の流れをはじめ 身体の循環を調整しています。

 
循環の流れを良くするために 詰まり(滞り)にアプローチしているようです。

 

 

頭寒足熱の循環を整えるという意味では、

冷えとり健康法の考え方と根っこは同じですね。

 
なので、顔アトピーの赤み対策としては、

顔の赤みは 顔に熱が過剰に溜まっている状態と考えるようです。

 

 

そして 私のパターンは、

本来 頭から抜けるはずの熱が抜けておらず、滞留していて
頭に熱が溜まっているため、

 

 

それが結果として 顔の赤みとして 表現されているようです。


なので 最終的には頭(顔)へのアプローチなのですが、

先に、全身循環の要所となる 首にアプローチします。

 
首のつまりを取るという事です。

 

 

首リンパが詰まっている感覚と言えば想像しやすいでしょうか?

 

 

具体的には 首の横や後ろ(私はここが詰まりやすい)を緩める。

 

 

手を動かして ゴリゴリマッサージするというよりも、
あまり動かさず 手の平の熱で じわーっと温めるという感覚のほうが近いです。

 
要は、首対策というのが ひとつのポイントかと。

 

 

顔アトピーが出る時って 大抵 首コリも併発してる事が多いんですよね。。。

 

 

顔のアトピー 治らないなら首をチェック!そして

 

 

 

さらに なぜ首がこったり 詰まりやすいかというと

重たい頭を支えているという物理的な理由以外に、

 

 

私の場合、どうも 顎から来ているようです。

 
顎関節症ではなく、ストレスが顎にたまります。

 

 

顎(歯)を噛み締めて、顎に力がかかりやすいんです。

 

 

それで この顎の力みが 首こりにつながり 首が詰まって、

 

 

首は顔へのエネルギーの流れの要所のため、

 

 

顔のエネルギー循環が悪くなり、顔アトピーの湿疹や乾燥(たまに汁!)が出やすいみたいです。

 
なので 顎をそっと包み込むようにして顎をゆるめるようにしています。

 
実際に触ってみると あごの固さ(コリ)と首はやはり連動していますね。

 
まとめると 顔アトピーの赤み は首の詰まりがポイントで

その首のつまりの直接要因は 私の場合は アゴ!

 

 

そのため アゴのコリ対策を念入りにという事です。

 

 

で たぶん このアゴのコリの原因は ストレスですね。

 

 

※ただ、頭のエネルギーが上手く抜けていない問題、

要は、顔(頭)にたまったエネルギーが頭から抜けられないというのは、

 

 

また 別の要因がありそうです。

 

 

そこは 今のところよくわからなくて、課題です。

 

 

(数年前も セミナーで席が近かった
別の整体の先生に頭の熱さを指摘されたことがあります)

 
通常 気化して 頭の熱は上に向けて抜けていくようですが、
それが上手く出来ていないようですね。

 

 

対処療法では、通っている整体や、東洋医学の鍼灸や 気のアプローチで
抜いていく事が出来るのでしょうけど。

根本的にどうにか出来たらと思ってます。

 

 

※頭の熱と言えば、昔はもっと頻繁に頭痛が出ていたんだけど、

2,3年前から頭痛が出ることが減りました。

 

 

特に 整体に通い始めてからは 頭痛はほとんどありません(その代わり顔アトピーでデトックスしているのかも?)

 

 

 

砂糖断ちしてるのに 甘いものが食べたいと珍しく思ったから?

その他の 施術での話の忘備録メモです。

 
この時の施術では、他 肝臓にも反応が出てたんですよね。

 

 

ちょっと自覚があって、珍しく甘いものが食べたいって思って

 

 

普段は 砂糖断ちをしているんですが、施術数日前に
クッキーやマドレーヌを頂いたんですよね(甘さ控えめで少量だったけど)

 

 

この砂糖が しっかり肝臓の疲労につながっていた感じです。

 

 

これは、砂糖のダメージが肝臓につながっているようだという個人的な体感の話です。

 
昔は 砂糖の影響が 顔アトピーの赤みやかゆみに直結してたし
砂糖のダメージって 本当 身体にとっては害なのだろうなあと実感。

 

 

整体の先生とも、砂糖と小麦粉は やっぱり良くないですよねーという話で盛り上がりました(汗)

 
●あと リンパの流れを良くするために 簡単なのは ラジオ体操との事です。

 

 

特に全身の循環が良くなってリフレッシュ出来るようです。

 

 

関連記事

めんげん 排毒 好転反応こえて
アトピーから美肌再生しました^^


他のアトピーブロガーさん記事もご参照ください^^


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アーカイブ