アトピーの首の赤みがでなくなった理由とは?

10.072014

この記事は2分で読めます

相変わらず 首アトピーという
毒だしが続いてます。

 

両耳の下のリンパあたりから
首の付け根まで。

 

乾燥してて
ちょっと ゴワゴワしてる。

 

アトピーの肌の変遷で
乾燥が進んで

肌が収縮する時期ってありますね。

 

最近そういえば、、って氣づいたんだけど、

アトピーの赤みが出てません。

 

 

乾燥して 白くなって 粉吹き
ごわごわ 収縮 ウロコ状にはがれる(落屑)
の 流れをたどって、
落屑の後は もとの肌に復活するのが

私のいつものパターン。

 

このアトピー肌の一連の流れは
汗をかいたり

吸い玉カッピングで加速するんです。
(つまり 毒だしを スピーディに促進したい時は

発汗を促したり 吸い玉すると良い)

 

いつも 乾燥器の前後に
赤みが出て 腫れたようになって
そこから 汁(浸出液ね)が出ていたので

赤みが出なくて、正直ほっとしてる。

 

赤みが出て 肌が熱を持ち始めたら
滲出液きたっ!って なるので。

滲出液時期がいちばん苦手なんです。。

 

●アトピー赤みが出なくなった理由は?

 

赤みが出なくなった時期から
照らし合わせてみると、

私の場合 食べ物の影響が大きいです。

 

赤みアトピーが出なくなった
いちばんの理由は

砂糖をやめたこと だと思います。
砂糖(甘いもの果物も含む)を摂ると
赤み出るし 傷口がぐちゅぐちゅして
傷口開いたり

かさぶた部分が湿ってきたり
傷の治りが悪いなぁと 思ってました。

 

 

ちょうど 7月から
砂糖断ちしてるので その影響かなと思います。

 

マクロビオティックによると

砂糖は身体の上の方にたまってくるらしく、

つまり 首や顔 に出るらしいです。

 

顔と首にアトピー出る人は
確かに甘いもの好きな人多そうです。

 

私の場合 まだまだ
首に甘いもの毒がたまってて、
毒出し続行中なのでしょうね。

(赤みは出ないけど乾燥したりやはり弱い部分だからね)

 

ま、仕方ないです。

 

今まで、さんざん
アトピー肌に悪いなぁと思いながら
甘いもの過食してきましたから(汗)

 

ストレス解消過食のお供は
甘いものでしたし(笑)

 

からだが毒を出したがっている時期なのでしょうね。

 

甘いものは肝臓に負担をかけます。

私の肝臓 相当 お疲れだと思う。。。

労わってあげないと!

 

今は いい感じに
ストレスなく 甘いものと距離を置いているので
このまま 砂糖断ち 甘いもの断ち続けます。

 

アトピーだけでなくからだのためにもね。

 

それに アトピーの赤みって
けっこう目立つから ストレスなんです。
(自意識過剰キャラ、、爆)

 

 

●ちなみに 冷えとりのめんげん(毒だし)
調べてみると

首こり→ 腎臓と関連と ありました。

 

そして 肝臓と腎臓は
兄弟のように関連深いです。

 

そのあたりの話もまた機会があれば^^

関連記事

めんげん 排毒 好転反応こえて
アトピーから美肌再生しました^^


他のアトピーブロガーさん記事もご参照ください^^


にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

アーカイブ